ヒアルロン酸とコラーゲンの違いは

潤い肌の女性

ヒアルロン酸やコラーゲンは、多くの化粧品に配合されています。肌の弾力を保つ効果があるとされ、2つ一緒に配合されているものが多いです。ヒアルロン酸とコラーゲンは、一緒でないと良い働きをしないのですが、どちらも体を構成する上ではとても大きな役割を果たしているのです。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンの違いは何なのかですがコラーゲンはたんぱく質の一種で、皮膚だけでなく体の色んなところに存在しています。皮膚の真皮の主成分はコラーゲンで、約7割を占めています。弾力に富んだ繊維状のもので、細胞同士をくっつけるとても大切な役割を果たしています。これが不足すると、たるみやしわの原因になります。ヒアルロン酸は、ムコ多糖(でんぷん質)の一種で人の7割を占める水分がこれになります。ムコ多糖は保水力があり、細胞をみずみずしく保つ働きがあります。

 

コラーゲンが細胞の間をつないで肌に弾力を持たせていて、ヒアルロン酸が細胞の間の水分を保水して潤わせているのです。ですから両方が揃わないと、弾力のあるもちもちした肌にはならないのです。どちらかだけを大量に摂取するのはあまり良くありません。コラーゲンもヒアルロン酸も適量を摂るようにし、加齢に伴い減ってくるこの2つをうまく取り入れるようにしましょう。

 

コラーゲンは、牛すじや鶏の手羽先、しらすなどに含まれているので、食事のメニューもこれらから選ぶようにすると良いでしょう。食品の中でヒアルロン酸が多く含まれているのは、鶏の手羽先や豚足、ふかひれ、うなぎ、魚の目、カレイや鮭です。コラーゲンが含まれている食品と重なる部分があるので、共通するものをたくさん食べると両方を取り入れられます。両方が揃っていないと本来の働きが期待できないので、両方をうまく取り入れるようにしましょう。2つとも同じような働きをするのかと思っていたかもしれませんが、両方がそれぞれの働きをして初めて肌の張りを保つことができるのです。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンの切っても切れない関係

考える女性

ヒアルロン酸とコラーゲンはどちらも肌に必要なものであるのはわかっていましたが、それぞれを摂れるだけ摂れば良いのだと勘違いしている人は多いでしょう。化粧品にも、ヒアルロン酸配合やコラーゲン配合と記載されているものが多いですが、これらは両方が揃わないと効果が発揮されません。ヒアルロン酸は肌の水分量を保つ働きがありますが、コラーゲンはその水分を支える働きがありますので、コラーゲンが足りないと水分が蓄えられませんし、ヒアルロン酸が足りないとコラーゲンはこれを貯めこめないので肌は乾燥してしまいます。

 

ですから、いくら高価なヒアルロン酸を摂ったとしてもこればかりを摂っていても全く効果が発揮されないということになります。高いお金を出して摂っているのに、あまり効果がないという場合は、コラーゲンも十分に摂れているか見直してみましょう。

 

これら両方を摂っているけれどもあまり効果が実感できない場合は、どんな方法で摂っているかを見直してみましょう。サプリメントでも、含有量が少ないとあまり効果がみられません。どちらの成分も、どちらかというと高価なものですから、あまりに安価すぎるサプリメントだと、含有量は少なく、他の成分が配合されている場合があります。サプリメントなどを選ぶときは、価格はもちろんですが、含有量も確認するようにしましょう。

 

ヒアルロン酸は、分子が大きいために、全てが吸収されないと言われています。そのため、最近では低分子化したものが出てきており、それを摂取した方が吸収されやすいとされています。しかしこれらの成分の吸収についてはまだ研究が続けられています。これら2つの成分は、切っても切れない関係であることはわかっているのですが、十分な効果を発揮できているとは言えません。これから先、もっと研究が重ねられて、どのような摂取をすると一番効果的なのかがわかってくることでしょう。この2つの成分については、まだまだ目が離せない状況です。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンの吸収力は

いくつになっても美肌でいたいと考えているのは誰もが同じです。加齢と共に肌も衰えてくるのは当然なのですが、できるだけそれを食い止めたいと思うものです。そのためには、肌に良いとされる成分を摂取したり、化粧品などで補ったりします。昔から肌に必要なもの、良いものとされているのがヒアルロン酸やコラーゲンです。これらは肌がプルプルになるものとして有名です。

 

最近では、ヒアルロン酸やコラーゲンを含んだ化粧品やサプリメント、ドリンクなどがとてもたくさん販売されています。外から塗るタイプと、体の中から摂り入れるタイプとどちらを選べば良いのか、また両方摂り入れた方がより吸収されやすいのか悩みます。たくさんの商品の中から選ぶときに、価格はもちろんですが中に含まれている成分量を比較します。成分量が多い方が吸収される量も多くてそれだけ効果があるだろうと考えますが、ヒアルロン酸は分子量が大きく、そのままだとほとんど吸収されないことがわかっています。

 

これらの成分は、肌の表皮ではなく、真皮まで到達しないと効果がみられません。分子量が大きいと、肌の真皮まで届くことはなく、肌の水分や弾力性にかかわるところまで届かないのです。ですから、いくら使っていても効果がみられないのです。化粧品の場合は特にそうで、分子量が大きいままのものが多いので、なかなか真皮まで到達するものがありません。

潤いの源

そこで最近注目されたのが低分子化したヒアルロン酸です。分子量を小さくして吸収されやすいようにしたものです。ただし、これは化粧品だと分子が小さすぎると保湿力が落ちてしまうことがわかっています。ですから、サプリメントやドリンクタイプなど、飲んで摂る方がよりよく吸収され、保湿力がアップするのです。さらに、単にヒアルロン酸を低分子化しただけのものよりも、ムコ多糖類やコラーゲンなどのたんぱく質と結合させて低分子化したものの方が吸収力がアップすることがわかっています。ですから、これらの成分が配合されているかも確認して選ぶと良いでしょう。

 

ヒアルロン酸やコラーゲン、ボトックス,注射は筋肉にどんな影響が?

最近は美容整形を受ける人が増えてきました。昔のようにメスを使って切ったりする方法ではなく、注射をして肌にハリを甦らせたり、しわを伸ばしたりする方法がよく選択されています。注射だと入院する必要もありませんし、すぐに効果があらわれるので利用する人が増えています。美容注射には、ヒアルロン酸やコラーゲン、ボトックスなどがありますが、それぞれの効果を比較してみましょう。

しわに悩む女性

まずヒアルロン酸ですが、皮膚のシワや傷痕などに直接注射します。もともと人間の体内にあるものを注入するので、副作用がほとんどないと言われています。皮膚の内側から持ち上げるので、しわやくぼみが無くなります。ほうれい線や眉間のしわ、目じりなど広い範囲に使えるものです。コラーゲンは皮膚や靭帯、筋肉に含まれるたんぱく質で、たるみやへこみに注射して変形した部分を修復します。動物性のコラーゲンを使う場合は、アレルギーテストが必要となります。浅いしわの修復に有効とされています。そしてボトックス注射ですが、これは筋肉と神経の接合部分に作用するもので、筋肉の働きを部分的に弱めて収縮を抑制します。表情シワや額のシワを無くし、ハリを与えます。

 

主な美容注射はこれらなのですが、最近ではコラーゲンよりもヒアルロン酸、ボトックスが選択されています。ただ、どの注射も半年から1年くらいしか持続せず、効果が無くなってきたらまた受けなければならないものです。1度受けたら永久にシワが無くなるものではありません。もちろん、保険適用ではありませんので、費用は病院によって違います。決して安くはないので、よく考えて受けるようにしましょう。また、ボトックス注射は技術力の差が大きく出るものです。注入量のミスがあると、筋肉がうまく動かなくなって表情が喪失してしまったり、顔の相が変わってしまったりする恐れがあるので、病院選びは慎重に行わなければなりません。ヒアルロン酸やコラーゲンについてはそのような心配はありません。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンを経口摂取した場合の効果は?

元気の象徴ひまわり

ヒアルロン酸やコラーゲンが含まれている化粧品だと、肌に良い効果があると感じるものです。肌には水分と弾力が必要ですが、これら両方がうまくかみ合って初めて肌がプルプルに潤うのです。これらが含まれている化粧品を使うと、肌は変わってくれるのかというと、そうとは限りません。

 

化粧品の成分として入っているヒアルロン酸は、分子量が大きくて吸収されにくいと考えられます。ヒアルロン酸は分子量が大きいため、そのままの形では肌の深くにある真皮まで浸透しないのです。そのため、最近では低分子化したヒアルロン酸を配合しているのですが、小さくし過ぎると今度は保湿力が落ちてしまい、思うような効果が得られないのです。

 

肌に十分な量を届けるには、ヒアルロン酸とコラーゲンの両方を経口摂取した方が良いとわかってきました。低分子化したヒアルロン酸とコラーゲンを経口摂取すると、体の中から吸収されて肌に弾力が戻ってきます。これら2つを一緒に摂らなければ効果はありません。また、コラーゲンの他にムコ多糖類やコンドロイチンなどと結合させて低分子化したものでないと良い効果が発揮されないことがわかっています。サプリメントやドリンクタイプでも、これらの成分が配合されたものを選ぶようにすると効果的です。化粧品にいくらこれら2つの成分が配合されているとあっても、それだけ単独で使っていても効果は期待できないということです。

 

せっかくヒアルロン酸やコラーゲンを摂取するのであれば、経口摂取をメインにし、化粧品は補助的な感覚で使うようにしましょう。表皮が潤ったように見えても、肌の奥の真皮が潤わないと肌そのものは潤いません。そうするためには、経口摂取して、体の中から摂り入れる方が効率的と言えるのです。今までヒアルロン酸やコラーゲン入りの化粧品を頑張って使っていてもあまり効果がなかったという人は、摂取の仕方を見直してみると良いでしょう。塗るよりも飲む方が効果的であるのは明確なのです。